ばい煙測定

大気汚染防止法に基づき、ビルや工場などに設置されているボイラー等の煙突から排出される
 
大気を汚染する物質(ばい煙)を測定します。
 
ばい煙測定が必要な施設は、一定規模以上の
 
  〇 ボイラー
 
  〇 冷温水発生機
 
  〇 ディーゼル機関、ガスタービン装置等の発電機
 
  〇 乾燥炉
 
などです。
 
 
ばい煙とは、燃料その他の物の燃焼により発生し大気を汚染する可能性がある物質で大気汚染
 
防止法で定められています。
 
  〇 ばいじん
 
  〇 硫黄酸化物
 
  〇 窒素酸化物
 
  〇 塩化水素、ふっ素、鉛などの有害物質
測定に関するご質問、ご依頼は下記までお気軽にご連絡下さい。