婦人科超音波検診

 卵巣は子宮の左右に卵管とともにある臓器で、大きさはうずら卵大です。女性ホルモンの分泌等に携わっています。最近、ここに腫瘍ができる頻度が、日本で年々増加していてます。初期の症状はほとんどなく、かなり大きくなってから発見されることが多いことから、静かながん(silent cancer)と言われたりしてます。初期に発見された場合は、ほとんどが手術等で治りますが、進行して発見された場合は、非常に困難となります。
 

検診内容

1.問診
 
  • あなたの年齢、結婚歴、分娩等についてお尋ねします。
  • また、閉経の年齢、不妊治療を受けたかどうかも質問いたします。
     
2.診察
 
  • 診察は双合診といって、子宮と卵巣を両手で挟む診察を行います。
  • 子宮と卵巣の大きさ、可動性、痛みの有無等について診察します。
  • 診察時間は短時間で終わり、痛みなどはほとんどありません。
     
3.経膣超音波
 
  • 診察の後に、膣より超音波断層装置のプローブを挿入し、診察だけでは発見できないような卵巣の画像判断をします。