本文へ移動



健診結果報告の遅延等について(お詫び)
 
 当事業団が実施している各種健(検)診につきましては、通常は健診受診日より概ね6週程度で健診結果を報告しているところですが、7月10日現在、結果送付に8週を超える期間を要した実施主体は、7市町延べ22,110件、604事業所延べ11,226件、8学校延べ510件で、8週を超えてまだ結果送付ができていない実施主体は2市延べ5,860件、358事業所延べ5,017件となっている状況です。
 また、県南地区の住民健診においては、身長計測に不備が発覚し、4市町12,456名の受診者の方を対象に再計測等の対応を行っているところです。
 受診された方々並びに実施主体様には、大変なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。
 
【原因】
 健診結果報告の遅延については、今年度稼働した新健診システムの設定の一部に不具合があることが発覚し、3週ほど結果出力ができない期間が発生したほか、新健診システムに対する担当職員の理解不足によるデータ入力や結果出力手順の誤り等から、正しい結果報告書が出力できず、差替えも多数発生したことが原因です。
 身長計測の不備については、今年度より県南地区の住民健診で導入した手動式身長計の手技に問題があったほか、住民健診の受診票には前回値が印字されていないため前回値との比較ができず、手技による計測値の誤差を確認できない状況で計測していたことが原因です。
 
【対策】
 健診システム設定の不具合については改修し、動作確認を行い、正しく結果が出力されていることを確認しました。また、入力データの確認と結果出力手順について職員へ再度周知徹底いたしました。
 身長計測については、担当職員の手技の確認、再研修を実施し、6月13日より受診票に前回値を印字して計測時に誤差を確認できるようシステムを改修し対応しています。身長計測に不備のあった方々については、各市町と対応について協議した結果、再計測等の対応後に結果報告書を再発行いたします。
 これまでも健診システムの更新や基準値の変更時には、間違いの無いよう再三注意して参りましたが、今回のことを踏まえ、今後は更なる検証と確認を行うことを職員全員に徹底し、再発防止と信頼回復に努めて参ります。
 
 現在、健診実施日から概ね6週以内で健診結果をお返しすべく、全力で対応しております。
 受診された方々並びに健康診断を委託いただいた実施主体様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 
令和  4年  7月 12日
公益財団法人 秋田県総合保健事業団
理事長  戸 堀 文 雄
TOPへ戻る